ARTEMIS Blog

2021年3月25日

昨日、公私共にお付き合いさせて頂いている古賀稔彦さんの訃報が伝わってきました。

 

ほんの2日前にご自宅へ伺い身体のケアをさせて頂いたばかりでした。

 

とにかく残念で仕方ありません。

 

確かに状態が良くありませんでしたが、古賀さんなら回復してくれるのではないかと考えずにはいられませんでした。

 

何時も朗らかに楽しく前向きに、細かな気遣いで明るく笑いの絶えない場を作ってくださっていました。

 

どんなにコンディションが良くない状態でも、決して弱音を吐くこと無く懸命に取り組んでいるのが印象的でした。

 

健全な子供達の育成に関する取り組みを、是非一緒にやりたいと考えていました。

 

昨夜は古賀さんに戴いた焼酎を呑みながら家族で偲びましたが、涙が止まりませんでした。

 

僕は多くの別れを経験する中で、別れの悲しみが大きくならないよう、ある程度別れを想定した距離感を作って人と付き合うところがありますが

古賀さんの人柄は、その距離感が作れず感情移入してしまうタイプでした。

その分寂しさが湧いてきます。

 

今自分にできる事は、天国から観ている古賀さんが喜んでくれる生き方をしていく事だと思っています。

古賀さんの生き方から教わったことは、本当に沢山あります。

そのことを活かし喜んで貰える様努めていきたいと考えています。

 

まだまだ一緒にしたい事、行きたいところ、話したい事…

山ほどありましたが、今はこの人生で古賀さんと関わる時間を持てた事に感謝したいと思います。

古賀さん、心よりご冥福をお祈りします。

ありがとうございました!

 

そして、又逢いましょう。

2020年12月10日

コロナ禍ではありますが、あまりじっとしていることもなく

今年もたくさん神社に行きました。

1月の箱根神社に始まり

諏訪大社

来栖神社

皇祖皇太神宮

酒列磯前神社

大洗磯前神社

水天宮

森戸神社

日光東照宮

二荒山神社

白山比咩神社

金劔神社

織田神社

三峯神社

須佐神社

須我神社

熊野大社

神魂神社

八重垣神社

稲田神社

鳴無神社

宇多須神社

毛谷黒龍神社

e.t.c

それ以外も氏神様や近所の神社もちょこちょこ寄らせて頂きました。

 

3月から8月まではコロナの影響で神社に行っていないので、9月以降にまとめていっている感じです。

とくに10月に出雲に行ってきたのが大きいですね。

 

自分がこんなに神社に行くようになるとは思っていませんでしたが、いやぁ~出雲は良かったです!!

実は、出雲は今回が初めてなんですが、何だかとっても良かったです。

 

古事記のこととか少しずつ分かってきたので、尚更いいですね!

神社は、この15年でじわりじわりと行く機会が増えて、ここ数年は一人で行くことも多くなりました。

何が良くて通っているのか良く分からないですが、何だか楽しく通わせて貰っています。

 

ちなみに、今年の流れは国津神でした。

来年もこの流れが続くのか楽しみです!

 

あれこれ巡っているうちに、神社の参拝のコツのようなものが少しわかってきたので

次回はその辺りをご紹介してみたいと思います。

 

 

 

2020年12月10日

先日末娘の成人式の前撮り撮影を行いました。

 

30代、40代はどっぷり育児に関わり、プライベートの時間を子供中心に置いて生活していました。

そんな子供たちも次々に手を離れ、近頃は夫婦で出かけたり2人で過ごし時間が中心になってきています。

 

そんな今日この頃でしたので、久しぶりの子供のための一日となりました。

 

やはり僕は子供と関わるのが好きで、充実した一日となりましたが

気づくと、そろそろ子供と関わるイベントの手札が無くなってきて、残るのはそれぞれの結婚くらいなのではないのかと考えたりします。

 

親としての役割を全うしていく喜びや安堵感と共に、郷愁の念がじわりじわりと湧き上がってきます。

 

お陰様で幸い育児に関しては、やり残した感があまりないほど出来るだけ全力で関わってきたので

ちょっと待ってくれとイベントの手札をかき集めて追加しようとは思いませんが、何というか「万感」に一歩ずつ近づいている充実感のような想いと

自分も育児の世界から巣立つ、卒業するんだという寂しい想いとが混在しているのを感じます。

 

次のステージへの乗り換えが着実に進んでいることを、しっかりと自覚しつつ

長女が生まれた時からのテーマ「子供の巣立ちの足かせにならない!」を成就させていきたいと思います。

 

このような状況になってくると、つくづく仕事があることと妻がいることに感謝ですね^^

そんな親の気持ちを知ってか知らずか、末娘は淡々と熊本の大学生活へと帰って行きました。

 

そんな力強い生き方を貫く娘に

「末永く幸多かれ!」

自宅前にて愛猫のチョビちゃんと

 

 

 

2020年9月1日

暑い日が続き、フローリングを裸足で歩くのが気持ちいいなぁと感じていましたが、

気づくとここ数日でぐっと秋っぽくなってきました。

 

この時期になると日中の暑さはまだまだ厳しいものがありますが、朝夕は気持ちのいい風を感じたり季節の変化を感じます。

自然は正直ですね。

 

僕の畑も確実に秋がやってきていて、夏の間意欲的に成長していた夏野菜達の成長が衰え始め

葉物野菜に花穂が出来たりします。

 

ここ数年、この花穂を収穫するのが楽しみなのが「トゥルシー」です。

「ホーリーバジル」とも呼ばれ、普通あまり必要とされない穂の部分を収穫してハーブティーに利用します。

 

とにかく、この「トゥルシー」はいい香りで、畑に行って畝の間を歩いて、この「トゥルシー」の香りが漂ってくるだけで、幸せな気持ちになってきます。

さすが、「ホーリー」(聖なる)と称されるだけの事はあります!

 

癒しの効果はアーユルヴェーダにも活用されたりします。

ガパオライスなど料理に使ったりする事もありますが、やっぱりおススメはハーブティーです。

 

効果も

・抗ストレス

・抗ウイルス、抗真菌

・免疫力アップ

・抗酸化

・スタミナ、持久力アップ

・歯周病の予防

などなど多岐にわたり、香りに癒されながら心身共にコンディションを整えられるという優れものです。

 

ポットに花穂を一本入れるだけで充分風味を味わえます。

それだけでも楽しめますが、紅茶に入れても手軽に香りを楽しめます。

 

そこで!折角なので、今回このブログをご覧いただいた方達に、特別にこの「トゥルシー」の花穂をお分けさせて頂こうと思っています。

 

ご希望の方は、お気軽にアルテミスにお越しになった際に「トゥルシーの花穂 ちょうだい!」と

お申し出下さい^ ^

素敵で優雅なティータイムをお約束します♪

お気軽にどうぞ!

 

 

2020年5月26日

春は発酵に次ぐ発酵で、リビングに黄色の漬物樽が所狭しと並びます。

春の醸し一発目は「野草酵素」。

毎年ゴールデンウイークの時期にひと気の無い山に入って草を集めて漬け込みます。

今年は奥多摩に2回、軽井沢に1回行きました。

夫婦で都合60㎏程草を集めました。

この春の時期の野山は本当に気持ち良く、毎年同じ様に「気持いい~」「あ~気持いい」を

繰り返します。

現地で仕込んで持ち帰った樽を1週間~10日程発酵させて濾して完成です♪

 

醸し第二弾はぬか漬け、我が家ではぬか床を毎年冬に廃棄して春に作り直しします。

なので、何年物のぬか床とかではありません。

非常に気軽に作り直します ^^

今年のぬか床の出来はまだ良く分かりませんが、夏野菜が畑で収穫できるようになると

漬け込む日々となります。

 

醸し第三弾はEMボカシ。

割と有名な「EM菌」を使ったボカシ肥料です。

このEM菌との出逢いは25年程前、当時福井県で暮らしていて、その時菜園を始め無農薬栽培をしていたのがきっかけでした。

EM菌は琉球大学の比嘉輝夫教授が開発した有用微生物の集合体で、善玉菌のコロニーといった感じの液体です。

米ぬかや油かす、魚粉などにEM菌を混ぜて発酵させます。

EMボカシは肥料として使いますが、土壌改良や蘇生型の環境作りに効果があります。

また、生ゴミたい肥作りにも欠かせないもので、我が家では生ごみも貴重な資源になっております。

 

そして、醸し第四弾は今年初トライ「ドクダミ発酵エキス」

もともと十薬と呼ばれるくらい薬効が高いドクダミですが、発酵させることにより驚くほどフルーティーになるということで、春先より機会があったら作りたいと思っていました。

作るベストタイミングはドクダミの花が咲き始めるころが1番エネルギーが高まるとのこと

つまり、今なんです!

 

ありがたいことに以前からドクダミの群生ポイントは周知していて、一番身近の群生ポイントはアルテミスの駐輪場脇。

ここは他の植物が殆ど育っておらず、非常に良いポイントでした。

こういったことに慣れている僕は10分くらいで必要量(ちょっと多すぎるか?)を採れちゃいます ^^

畑仕事や草いじりが好きな人なら良くご存じだとは思いますが、ドクダミやスギナ、ヤブカラシなどは

とにかくとんでもない生命力で、野良作業の天敵のような存在です。

今回はその生命力を戴いてしまおうという貪欲な発想です。

すっかり手がドクダミ臭くなりましたが、材料を集めていると思うと全く苦になりません。

こちらもどんな仕上がりになるのか全く予想がつかないので、機会があったらこちらのブログでレポートしたいと思います。

 

そしてこの後、梅の季節になると「梅干し」「梅の酵素」とまだまだ醸しが続き樽が並ぶ日々です。

 

コロナの猛威で菌に触れる暮らしが一部で勧められてきていますが、とても良い流れだと感じています。

これを機に是非菌にまみれた暮らしをしてみませんか?

 

アルテミスでは例年「みんなで行く野草酵素作りツアー」や「梅の酵素作り指導」を行っております。

お気軽にご参加いただきたいですし、何なりとご質問下さい。

 

醸しに興味のある方には、アルテミスの待合スペースにも置いてある

こちらのコミック「もやしもん」もお勧めです!

是非、醸しの世界にウエルカムです💛

2020年4月23日

コロナ騒ぎの最中いかがお過ごしでしょうか?

アルテミスは消毒に最新の注意を払いながら通常通り営業しております。
毎日患者様と向き合っていて感じるのが、多くの方が日々の生活の中で不安を抱えいるという現実です。

そこで!
少しでも皆様の不安の解消になればと、当面の間アルテミスで新しく取り入れた吸入式の水素ガス生成器を無料で提供させて頂くことに致しました。
従来のお風呂タイプより日中お手軽に高濃度水素を身体に取り入れることができます。

又、吸入することで直接呼吸器に取り入れられますのでコロナ対策をしてる感があり、不安解消に役立てられるのではないでしょうか?

(注)吸入に必要なカニューレ代¥500円が必要になります。カニューレはご本人様が何回でも繰り返し使えます。

どうせなら徹底的に活性酸素を除去したい!
と言う方には高濃度水素水の足湯デトックスとの同時使用も可能です。
こちらをご希望の方は¥3000円+税の代金が掛かります。(通常¥5000円+税)

期間中何回でも無料でも対応致します!
毎日いらっしゃつてもOKです!
お茶菓子を準備してお待ちしております(^^)

2020年4月3日

私は、私が、私の為に…

 

今の時代、自分を満たす事の重要性が認識されるようになって

体調管理や自分癒し自分磨きなど個々の努力はできていることが多いのではないでしょうか?

 

でも実際に必要なのは、個の先の全体

つまり、空間であったり場であったり家族であったり地域であったり。。。

そちらが整っていくことが非常に重要な時代や環境になってきているように観じています。

 

今現在、コロナ騒動の真っ只中にあって

このコロナウイルスが我々人類に伝えたいメッセージは何なんだろうと考えたとき、幾つもの答えがあるのかと思いますが、その中の1つは、この”個よりも全体に意識を向ける”という事ではないかと思えてきます。

 

現実、騒動の中で限られた物資を、我先に買い漁ってしまったり、発症した人を差別的な目で見てしまったり

このような現象は”全体”ではなく”個”に意識がいっている表れだと思います。

 

良いエネルギーは個にも来ますが、良い場や空間の方がより多くの良いエネルギーを呼べます!

場や空間が整えば、多少悪いエネルギーが来てもそのエネルギーに支配されることはありません。

コロナクラスターに支配されるのは、場が悪い表れです。

 

良い空間、良い場は個々の意識が作ります。

今一度、一人一人が平静を保ち思いやりの心を思い出すタイミングだと思います。

 

我良し(ワレヨシ)の時代ではありますが、我々日本人は東日本大震災で一度学んでいるはずです。

自分に意識が向きすぎるほど、自分の不足を自覚してしまいます。

今一度意識を外に向け、思いやりの心を取り戻し

コロナに負けない調和のとれた場を作りましょう♪

 

調和のとれた空間ができ、それが他の調和のとれた空間と繋がり、また繋がり…

そして、より大きな調和へと進化していくことに意識を向けていきましょう!

 

僕も、まずは身の回りの空間やコミュニティに意識を向けて「良い場」を創っていきたいと思います。

2020年4月1日

アルテミスは現在通常営業しております。

新型コロナウイルスによる影響が問題視されている中

以下の対策を実施しております。

・うがい手洗い

・スタッフのマスク着用

・院内のアルコール消毒

・使い捨てベットシーツを使用

・院内の定期的な換気

 

状況が日々変化しております。

今後も状況の変化に併せて随時対応していきます。

2020年2月8日

巷ではコロナウイルスのニュースでもちきりですね!

感染者数は暫くは増えそうな様子で、あちこちで緊張感が高まっているのを感じます。

 

そこで、アルテミスのお勧めするコロナウイルスの予防法をお伝えします。

 

町ではマスクが不足して入手困難な状態とのことですが、予防の3大原則は

1、うがい

2、手洗い

3、免疫力アップ

であると私は考えます。

 

集団感染した場合、何故か必ず全員が発症しないことはよくあることで

皆さん日常でよく見かける機会があるかと思います。

 

「一クラス40人の生徒の内5人が発症うち1人が重症」

とかよくありますよね。

 

それでは、その5人や重症の1人は他の生徒たちと何が違っていたのでしょう?

体力、睡眠不足、運、、、

いろいろあるかも知れませんが、一言でいうと1番の違いは”免疫力”であると考えられます。

 

多くの条件で”免疫力”は上がったり下がったりしますが、高い状態で維持できるのが理想的ですね。

その為には日々の養生が1番重要となります。

 

栄養状態、疲労、ストレス、日ごろの運動、住環境、、、

”日々の養生”挙げていけばキリがありません。

 

分かっちゃいるけど”日々の養生”どんだけやればいいの…?

そんな時にアルテミスのおススメはこちら

ジェモセラピー「イミュノリス」

この「イミュノリス」は朝夕水に15滴入れて飲むだけで免疫が上がるという優れもの!

この「イミュノリス」ジェモやフィトのチンキが目的に合わせてブレンドされているという気の利いたレメディで

インフルエンザやコロナウイルス対策に超おススメです。

 

ということでコロナウイルス対策は

1、うがい

2、手洗い

3、イミュノリス

がアルテミスの標語になっております。

 

開封後も3年は保存可能なので、冬の時期に限らずいつも一家に一本あると安心です。

詳しくはアルテミスのにお問い合わせください(^-^)

2020年1月28日

この冬から新たに加わったジェモセラピーの新しい講座

「ミックスジェモセルフケア講座」

17種のミックスジェモのレメディの特徴や使用方法を学び、処方に役立てるための講座です。

 

1月26日、ジェモセラピーカレッジ品川校に於いて

第1回「ミックスジェモセルフケア講座」を開催致しました!

ジェモセラピーのレメディは大きく分けて「シングル」と「ミックス」の2種類が、現在日本で販売されています。

「シングル」と「ミックス」の違いはざっくりと云うと

1つの植物の個性を活かして症状の改善に役立てるのがシングルのレメディで

症状に合わせて初めからレメディをブレンドしてあるのがミックスのレメディ。

セラピスト講座で学ぶのはシングルレメディが中心ですが、今回スタートした「ミックスジェモ講座」は

ミックスのレメディを中心に学ぶ初めての講座となります。

 

ミックスジェモは症状に合わせてブレンドされているので、症状の変化を体感しやすく

初心者の方でも処方しやすいのが特徴です。

アルテミスの講座のモットーは「楽しくて美味しい講座」です。

この日もしっかりと美味しく楽しみました!

勿論、ちゃんと”学び”の方も忘れてはいないですよ(^-^)

 

参加いただいた方々も、試飲で体感があったり

今まで表面的にしかミックスジェモを理解していなかったが、深いところまで理解できたなどの感想を頂きました。

 

「ミックスジェモセルフケア講座」はワンデイの講座で手軽に効率良く学べ

ジェモセラピーの活用にとても役立つ講座なので、今後も奇数月に定期的に開催していく予定です。

 

詳しくはこちらをご参照ください。

セルフケア講座

お問い合わせにつきましては、アルテミスへ直接ご連絡ください。

 

追記

講座終了後の恒例の打ち上げは、昼間に学んだことを忘れないように注意が必要なほど

美味しく盛り上がりました(^-^)