ARTEMIS Blog

2020年12月10日

コロナ禍ではありますが、あまりじっとしていることもなく

今年もたくさん神社に行きました。

1月の箱根神社に始まり

諏訪大社

来栖神社

皇祖皇太神宮

酒列磯前神社

大洗磯前神社

水天宮

森戸神社

日光東照宮

二荒山神社

白山比咩神社

金劔神社

織田神社

三峯神社

須佐神社

須我神社

熊野大社

神魂神社

八重垣神社

稲田神社

鳴無神社

宇多須神社

毛谷黒龍神社

e.t.c

それ以外も氏神様や近所の神社もちょこちょこ寄らせて頂きました。

 

3月から8月まではコロナの影響で神社に行っていないので、9月以降にまとめていっている感じです。

とくに10月に出雲に行ってきたのが大きいですね。

 

自分がこんなに神社に行くようになるとは思っていませんでしたが、いやぁ~出雲は良かったです!!

実は、出雲は今回が初めてなんですが、何だかとっても良かったです。

 

古事記のこととか少しずつ分かってきたので、尚更いいですね!

神社は、この15年でじわりじわりと行く機会が増えて、ここ数年は一人で行くことも多くなりました。

何が良くて通っているのか良く分からないですが、何だか楽しく通わせて貰っています。

 

ちなみに、今年の流れは国津神でした。

来年もこの流れが続くのか楽しみです!

 

あれこれ巡っているうちに、神社の参拝のコツのようなものが少しわかってきたので

次回はその辺りをご紹介してみたいと思います。

 

 

 

2020年12月10日

先日末娘の成人式の前撮り撮影を行いました。

 

30代、40代はどっぷり育児に関わり、プライベートの時間を子供中心に置いて生活していました。

そんな子供たちも次々に手を離れ、近頃は夫婦で出かけたり2人で過ごし時間が中心になってきています。

 

そんな今日この頃でしたので、久しぶりの子供のための一日となりました。

 

やはり僕は子供と関わるのが好きで、充実した一日となりましたが

気づくと、そろそろ子供と関わるイベントの手札が無くなってきて、残るのはそれぞれの結婚くらいなのではないのかと考えたりします。

 

親としての役割を全うしていく喜びや安堵感と共に、郷愁の念がじわりじわりと湧き上がってきます。

 

お陰様で幸い育児に関しては、やり残した感があまりないほど出来るだけ全力で関わってきたので

ちょっと待ってくれとイベントの手札をかき集めて追加しようとは思いませんが、何というか「万感」に一歩ずつ近づいている充実感のような想いと

自分も育児の世界から巣立つ、卒業するんだという寂しい想いとが混在しているのを感じます。

 

次のステージへの乗り換えが着実に進んでいることを、しっかりと自覚しつつ

長女が生まれた時からのテーマ「子供の巣立ちの足かせにならない!」を成就させていきたいと思います。

 

このような状況になってくると、つくづく仕事があることと妻がいることに感謝ですね^^

そんな親の気持ちを知ってか知らずか、末娘は淡々と熊本の大学生活へと帰って行きました。

 

そんな力強い生き方を貫く娘に

「末永く幸多かれ!」

自宅前にて愛猫のチョビちゃんと