ARTEMIS Blog

北へ北へ一人旅

2014年12月12日

ちょっと久しぶりの一人旅

ご縁あって、南相馬市と仙台に一泊で行って来ました。

 

もう5年以上前になるでしょうか?どうしても知りたいこ事があった時、、、

そんな時は、宇宙に向かって「〜が知りたい!」と発信して

後は、人から勧められたり、頼まれたりしたことを出来るだけ断らずに行動していくと答えに辿り着けるという話を聞いて実行したことがあります。

 

結果、本当に辿り着きました。

淡路島まで行きましたけどね(^-^)

 

そして、久しぶりにハッキリと知りたい事を宇宙に発信しました。

2ヶ月くらい前の事です。

 

で、この2ヶ月の間いろいろな方と出会い、いろいろな所にに行きました。

セミナー、力を授かる会、滝行、応援、ライブ、チャリティー、、、

どれも誘われたものです。

それ以外にも、いろんな所に食べに行ったり呑みに行ったり

観に行ったり、、、

 

そんなこんなの流れで、気付けば南相馬市に行ってました。

 

最近はよく耳にする地名、福島第一原発の20キロ圏内の南相馬市です。

何故ここに行ったのかというと、被災地を見ておいた方がいいと勧められたからです。

 

それでは、被災地の何処に行こうかと思っていたら、ちょうど南相馬市の面白いお寺の事を知り、タイミングが良かったので即決しました。

 

面白かったですよー! このお寺というか、ここの住職。

人格者です。斉藤一人さんをお坊さんにして、ニヒルにした感じかな?

すぐ好きになりました。

 

「世界一のパワースポット」

「運気好転の大聖地」

「生きてる人の為の寺」

どれもこのお寺「円明院」の肩書きです。

いけてます!ここのお寺(^-^)

是非検索してみて下さい。

 

このお寺は海まで数百メートル、勿論津波がきたのですが、周りの家は津波の被害があったのにこのお寺のだけは、津波に飲み込まれることなく無傷だったとのことで

更にパワースポットとして有名になったということです。

本堂の裏山が特に聖地なのですが、そこに行く前に住職の説法を聞く必要があります。

 

この説法が最高でした。

 

住職の手書きの格言が、いっぱい貼ってあります。

 

精神世界ではよく言うことですが、この住職が話すと説得力があります。

 

楽しく説法を聞いた後、いよいよ裏山に上がります。

 

この裏山、やっぱり凄い所で写真にいろんなものが写り込むと言うのですが

僕の写真にも写ってました。

 

 

それは、次回にアップしますね。

 

 

 


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です