ARTEMIS Blog

2014年5月9日

春と云うと、我が家の風物が二つあります。

ひとつは、末娘の大好きなさくらんぼです。

大分、娘が収穫した後の写真ですが、例年よく実を着けてくれます。

2年前はカラスに殆んど食べられて、悔しがっていましたが

昨年と今年は、小型の鳥が来るだけで、それ程大きな被害はありません。

今年はムクドリのつがいが毎日来ていました。

黄色いくちばしがかわいいですよね♪

それ以外は、ヒヨドリですね。

早朝の早い時間にも、何か他の鳥が来ている様ですが、なかなか姿が見れません。

もうひとつの風物は、モッコウバラです。

 

そもそもは、居酒屋で誕生日月のプレゼントで貰ってきたものだったと思います。

5~6年、まったく花を着けませんでしたが

僕がネチネチと諦めずに育てた結果、わんさかと花を着けてくれるまでに育ちました。

 

モッコウバラは可憐さと、香りが素晴らしいですね♪

窓を開けただけでも、香りが入ってくるし

部屋に飾っても、優雅な気分になります。

と云っても、花器に生けるのも、香りがイイだ素敵だと騒ぐのは

僕ばかりで、家族は皆クールな反応に徹しております。

この花の時期が終わると、一気に家の樹木の剪定をします。

結構みんなが驚くほど、切って、切って、切りまくります。

写真に写っているモミジや南天、ジャスミン、薔薇、プランバーゴ、桜

そんなに切って枯れないの?

と言われますが、今のところ枯れたことは無いです。

植物を大事にしてそうなので以外、と言われることもありますが

可愛がっているので、バンバン切ります(^^)

切ることで又育ちます。

又、今年も切る時期が近づいてきました。楽しみです♪

2014年5月9日

今年も、忙しい春がやって参りました♪

毎年のことながら、ジッとしていてはいけない感がじわじわと高まっております。

まず、連休前に二週続けて野草酵素の材料採取に、奥多摩へ行ってきました。

一週目は、下見を兼ねて一人で

二週目は、妻と初参加の方など含め4人で行ってきました。

この時期、毎年恒例となりましたが、毎年行くところが違い

今年は奥多摩に初トライです。

奥多摩は20年以上も前に、キャンプやツーリングによく行きましたが

このような目的では初めてなので新鮮でした。

幸いGOODな場所が見つかり、いい野草が採取できましたが

夢中になって草を集めていると、ここが東京都であることを完全に忘れてしまいます。

 

いい水場があったので、その場で樽に仕込む作業までやってこれました。

後は帰ってから、毎日まぜるだけで7~10日くらいで発酵終了です。

 

翌日には、もうこんなにエキスが出てきます。

この二日間で、野草酵素約30ℓ分の野草を採取できました。

この春のうちに、もう一度長野に採取に行く予定です。

今年はいっぱい作って、患者さんにお安くお分けする予定です。

酵素は体にいいので、しっかり摂って欲しいのですが、一般に市販されている野草酵素は

1ℓあたり10000円~15000円とお高いので、なるべく安くお分けして

健康管理に役立てていただきたいと思います。

5年位前までは、身体から何を省き、抜いていくべきか

という意識が強かったように思いますが、

近年いいものをしっかり補給することの大事さが解ってきました。

上手に、必要な、いいものを補っていくことの重要さが分かる歳になってまいりました。

なるべく美味しいものがいいですけどね。

質を工夫すると、太りずらいことも分かってきました。

その辺りもそのうちに・・・