ARTEMIS Blog

2014年1月30日

一度始めたことは、とにかく最後まで続けるべきなのか、、、

それとも、早めに見切りをつけるべきなのか、、、

 

「継続」はそれぞれの方にとって、テーマだと思いますが、なにがなんでも続けるのもエゴを感じます。

それでは、どの辺が潮時で、その判断基準は何でしょうか?

 

一念発起で始めたものの、暫くすると最初の情熱が薄れ、ヤル気が無くなってしまう。

よくありますよね。

僕は、世界一しつこい人間ですから、あまり途中でやめてしまうことは少ないのですが

妻はしょっちゅう乗り換えたり、やめたりします。

それぞれ持ち味だと思うので、どちらでもいいのですが

どちらにせよ、目的、結果に辿りつけることが一番大切ですよね。

 

早々とやめてしまっても、何等かの得るもの、結果に辿りつけていればいいわけですよね。

「自分には必要ない」「自分には向いていなかった」 これも得たものです。

”いや~全然必要ないって分かったから、やって良かった♪” これは完璧な勝ち組発想ですね。

逆に、やらなきゃ良かったが負け組発想です。 

 

問題なのは、得るものがないまま、なーなーでフェイドアウトしてしまうことで

どこかやりきれなかった、罪悪感だけが残ったり

何かちょっとした事にかこつけて「これは辞めとけってことかな?」などと自分にいい訳をしてみたりしますが、後ろめたさは残ります。

 

日本人的気質だと、特に「途中で投げ出すとは何事か!」

みたいなのが、有り勝ちですが、いいタイミングで見切りをつけるのも大切に思えます。

 

僕は、そのタイミングを逃さない為に必要なのが”軽さ”だと思っています。

”軽い”というと軽薄なイメージで敬遠される事も、多い様ですが

2009年の僕の年間を通しての目標が”軽さ”でした。

 

”軽さ”の反対は”重さ”ですが、物事を重く捉え、重く判断し、重く行動すると

行動・思考が、頑固じじーの朴念仁になってしまって、やると決めたら雨が降ろうが槍が降ろうが絶対に休まない!

って感じで、近寄りがたいですよね。

(別にやり抜くことが悪いという訳ではないですよ)

 

また、重く捉えることで楽しめず。重荷になり続かなかったりします。

 

できれば、僕的にはもう少しユルユルで、軽めな感じで「あ! なんかこれくらいで辞めてもいい感じ~・・・」

って気づけるくらい、タイミングが分かるくらいが丁度いいのではないかと思う訳です。

 

そこでお薦めは「継続」ではなく「軽続」

軽く続けてみては如何でしょうか?

 

目標はしっかりと明確に持ち、「なんとかあそこまで行けるといいな~」

ってワクワクしながら、ルンルンと努力を続ける。

そして、潮時を観じたら、潔く気持ち良く辞める。

あくまでも”軽く”

 

僕は、辞められないし。

妻は、続けられない。

どちらも、”軽さ”が足りないからだと思う次第です。

 

「軽やかに生きる」っていい響きですよね(^-^)

2014年1月30日

呆気なく、ここで旅を終えるのか・・・?

考えること0.3秒・・・

やっぱり、世界一しつこい男がここで終わりにする訳ないでしょう!

ってことで、二股の分岐の右側、より遠くまで行ってそうな「北沢川緑道」を

遡ることに決定!

この辺りは、地元の方の憩いの場といった感じで、都会の喧騒を忘れさせてくれる的なところでした。

この先で、突然賑やかな広い道路にぶつかりました。

おーここは良く知っている!

何十、いや何百回も通っている、環七の代田付近であります。

ふーん、ここに出るのか・・・と暫し頭の中で地図を整理し

納得できたところで、またスタート。

環七の、更に西を目指します。

環七を渡ると、少し雰囲気が寂しくなって、水もまったく見えません。

人通りも少なくなった感じです。

ここから数百メートル行った左側に、なんだか知っている気がする場所が目に入りました。

おお! ここは、小田急の梅ヶ丘駅。

以前、この駅前で食事をしたことがあって、憶えてました。

う~ん! 急に知ってるところに出るのが、凄く楽しい!!

分からない人には、決して分からないと思いますが、この感覚の楽しさも何度も川を遡っちゃう理由の一つだと思います。

この先、梅が丘を過ぎると道が俄然細くなってまいりました。

こうなってくると、経験上終焉が近い予感です。どこまで粘るか、目黒川の源。

更に、進んで世田谷線の山下駅を越えたところで、急に道が広くなりました。

この通りに沿った公園の下を、水が流れているのでしょう。

しかし、程なく又道が狭くなり。

おっと~!!この気配は・・・

imagefev

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までも大体このパターンで、終わっていました。

正面が学校でぶつかっております。。。

念のため学校の向こう側にも行ってみましたが、何もありません。

ということで、、、平柳伸児 認定! 目黒川の源流は世田谷区桜上水3丁目

日本大学桜丘高校にぶつかったあたり~!!!

最後はけっこう粘ってくれて、目黒川の意地をみせてもらいました。

自宅を出発して、約2時間。

距離にして20㎞くらいでしょうか?

予想通り、今までで最長の旅となりました。

お陰で、お正月でたるんだ身体が2㎏引き締まってました。

「こんなことの何が楽しんだ?」という声が聞こえてきそうですが、

何故でしょう?  楽しんです(^^)

もし、なんか楽しそう、、、と思う方がいたら、是非ご近所の川遡ってみて下さい。

何か発見があったりしますよ。。。

今回の旅に付き合ってくれたのは、最近乗る機会が少なかったケンちゃん号でした。

gu

 

 

 

 

 

 

 

この日はとても天気のいい日で、気持ち良く自転車に乗ることができました。

それと、一日を通して綺麗な女性が多かったです。

いや~!! 日本の女性って美しい方が多いですね~♪❤

日本に生まれて良かった!!

さて、立会川、呑川、目黒川と源流を探ってまいりましたが、この後いよいよ「何時かは、、、」

と思っている多摩川に挑戦するか、その前に鶴見川を挟むか、、、

さすがに、そのクラスになるとバイクかな~?

とにかく、何時になるか分からないけど、気が向いたら突然行ってきます。

長い内容になりましたが、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。