ARTEMIS Blog

目の前の現象から学ぶ

2013年10月18日

毎日当たり前のように生活していると、いろいろなことが起きますが

都合の悪いことが起きても、学ぶことが多いと良く聞きます。

 

僕も日々都合の悪いことが、起きまくりですが、「わーい! これで学びができるぞ!!」

などとは到底思えません。

 

それでも、困って、参って、へこたれて、、、何とかその都合の悪いことを乗り越えられた時

「あ~・・・なるほど、、、」と学ばせられていることに、気づいたりします。

(この辺りは、ドМな性格も好都合に働いていると思われます・・・)

 

何事も、目線次第なのは冷静な時は、分かっているのですが

突然予期せぬ事態に直面した時に、素が出てしまいます。

 

目の前のコップに、半分水が入っているのを

「半分も入っている」と思っていたのに、一瞬で「半分しか無い」に見えてしまう瞬間です。

 

僕は「波動水」なるものを時々作るのですが、簡単に云うとエネルギーを転写した水です。

この波動水で、体の調子を整えたり、土地や植物の調整をしたりする訳なんですが

ある時、我が家の車を調整する波動水を作った時、

単純に、僕は燃費が良くなったり、エンジンの調子が良くなったりと都合のいいことばかりを

予想していました。

 

が、その日、家族を乗せた、我が家の車は高速道路を走行中パンクをしました。

 

「あれれ・・・?」であります。

なんでこうなるの?

何か間違えていた?

 

ブツブツと独り言を言っていましたが、タイヤ交換をしていて「あぁ~っ!」と気づきました。

タイヤを見たら、とても擦り減っていて、バースト寸前でした。

車の状態を良くするなら、まずはここからってことだった訳です。

 

こうゆうことが起きなければ気づかなかったと思います。

その時は高速道路の脇で、タイヤを交換しながらしみじみと「意味があるな~」と痛感した次第です。

 

僕はベタに痛い想いをしながら、日々学ばせられている訳ですが

精神的にせよ肉体的にせよ、やはり痛い想いをした時が、

自分としては1番学べてしまっていますから

これからもやはり、基本痛い想いをしながら学ぶのかなぁ。。。

 

でも、早く痛くなくても学べるようになりたい・・・

 

などと


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です