ARTEMIS Blog

2013年6月25日

今朝、大学に出掛ける長女が、いつものようにバタバタと慌てていました。

そんな時、お弁当を入れていく手さげが見つかりません。

しょうがなく、娘が自分の部屋に代わりの手さげを取りに行っている間に、妻が見付けてお弁当の横に置いておきました。

ほどなく代わりの手さげを持って、戻って来た娘がお弁当の横にある手さげを見て

「何でここにあるの~・・・・」 と仏頂面です。

 

さて、この態度を見ていて、僕は「おや、まあ・・・逆にいっちゃったな。」

と感じた訳なんですが、

 

置いてある手さげを見て、「わ~い! 見つかったんだ!!」

という反応が望ましかったのですが、娘の反応はその逆でした。

見つからなかったり、代わりを取りに行ったりで、気持ちが分からなくは無いですが

 

片や「喜びと感謝」、そして片や「被害者意識と恨み」

かなり違いがあります。

 

こんな時、ホ・オポノポノの考え方や意識が根付いていれば、

「起きることは全て自分の・・・」ですから被害者的発想や恨みがましい態度は有り得ず

第一見付けて貰ったんだから、ラッキーに決まっているんですけど(笑)

 

人は何かと、「怖がらせる」「悲しませる」「心配させる」等、エネルギーの奪い合いをしていますが、

本当に満たされるのは「感謝」であって、「ありがとう」と言ったり、言われたりが1番ですね。

 

やっぱり、「怒る」「叱られる」より「褒められる」だし、さらに「感謝し」「感謝される」がいいですね。

 

結局、「あ~朝ごはん、何にも食べられなかった・・・」の捨て台詞を残しバタバタと長女は出掛けて行きました。

 

教訓:「感謝」と「恨み」は紙一重

10分前行動を心掛けましょう(^^)

2013年6月18日

昨年は、ネット通販で大きめの梅を取り寄せて、梅干しを漬けましたが、

何だか、種が大きいのが気になって、今年の梅はどうしようかな~?

と思っていたら、いつもお世話になっているアルテミス近くのコンビニで予想外にお得な梅をGet!

ここのコンビニは、元八百屋さんがオーナーで、普段からコンビニにしては驚くほど野菜が充実していましたが、この日も店頭で梅を箱売りしていて、更に特別に値引きをしてくれるということで(何故か妻はこの店で特別に可愛がってもらっています)青梅2箱と完熟梅を1箱を急遽買って帰りました。

梅は傷みが早いので、当日帰って速攻で梅干しを漬け込みました。

完熟の綺麗な梅です。これで5キロ。

家中が、梅のフルーティーな香りに包まれて、何だか幸せ♪

今年は、どこで聞いても梅が豊作だそうで、LLの程良い大きさです。

今年は、おフランス産の天日乾燥の塩にしてみました。

普段から料理に使っていますが、マイルドなしょっぱさです。

スタートがpm11時ということで、ここまでで12時を回ってしまったので、青梅の漬け込みは翌日にしました。

さて、残りの梅は何にしたかと云いますと、子供が好きな梅ジュースと、家族みんなが好きな梅酒にしました。

左が梅酒で、右が梅ジュースです。

前回は、梅酒をブランデーや黒糖で作ったりいろいろやってみましたが、今回はあえてシンプルにホワイトリカーと氷砂糖にしてみました。

梅ジュースは、10日くらいで美味しく楽しめます。

この後、1週間くらいで梅酵素用の無農薬の梅6キロが届く予定です。

そちらも何種類もフルーツを加え、10キロくらい仕込みます。

正に梅三昧ですが、夏を元気に乗り切るのに梅って最適です。

面倒くさそう、という方でも梅ジュースなら簡単です。

だけど梅が売っているのは今だけ。

今年は豊作ということで大粒のいい梅が出回ってますから、今のうち是非チャレンジしてみて下さい。

2013年6月13日

カラ梅雨モードの休日、これはチャーンスということで、以前からタイミングをうかがっていた鎌倉の太平山ハイキングに次女と行ってきました。

北鎌倉から源氏山のコースは、何度も歩いていますが太平山のコースは今回が初めてです。

この時期、鎌倉と云えば。。。

やっぱり紫陽花ですね。

人も多かったです。

今回のコースは「天園ハイキングコース」

通称「鎌倉アルプス」を気軽に楽しむコースです。

北鎌倉から、紫陽花鑑賞で賑わう明月院を横目に15分位で、スタート地点の建長寺です。

ここから脇の道をグイグイ登って行く訳ですが、春まで受験で運動不足の娘は結構ダラダラです。

日向は暑いですが、木陰は涼しくて気持ちの良い、いい時期でトレイルランニングをしている人もかなり見かけます。

ハイキングと名乗っていますが、山ガールもいっぱい来ている、完全にトレッキングコースってかんじでした。

そして、ちょうど中間地点付近で、気が利いたことにことに茶屋があります。

この日は電車だし、汗を掻いたのでビールいちゃいました。

これは、うまかった♪

この後は、瑞泉寺の近くへドンドン下って、1時間くらいで鎌倉です。

で、ここのところ鎌倉へ行くと、何時も寄っている小町通りからちょっと入った所にあるうどん屋さんへ

ここのうどんが美味しいんです。

ついでに冷酒も美味しくて、昼間からまたまたいってしまいました。

すっかり何から何まで堪能しましたが、朝10時頃家を出て、夕方4時には家に帰っているという、結構お手軽な発散コースでした。

2013年6月7日

鳥の世界でも子を想う気持ちは同じで、カラスが巣に近づいて燕の親鳥が必死に警戒音を出して追い払うのを見かけたりします。

鳥はそれぞれの種類ごとに、警戒音がありますが、聞きなれるとどんな鳥でもそのけたたましさから

「あ! どっかの鳥が警戒音をでしてるな・・・」くらいは分かるようになります。

先日、自宅で仕事をしていたらスズメの警戒音が家のすぐ裏から聞こえてきました。

何かあったな・・・と思っていましたが、1時間程しても鳴き止まないので様子を見に行ったら

どうやら我が家の桜の木のあたりで、雛とおぼしき鳴き声がして、少し離れたところで親鳥達がけたたましく警戒音を出しています。

そして、状況をあまり理解していないチョビが、ベランダで日向ぼっこをしています。

桜の木とベランダの距離が近いので、親鳥が心配していた次第です。

桜の木の枝の隙間を、よーく探していくと、、、いました!

まだ産毛がポヨポヨの雛です♪

 

ちょっと分かりずらいですが、他人事のようにとぼけてそっぽ向いております。

何度も何度も、2羽の親が「飛び立て!!」と促すように近づきますが、なかなか飛び立つ様子も無くマイペースな雛です。

結局その後も、暫くそこに居座り、夕方2軒先の家の木に飛び移った様子で、そちらで賑やかにやってました。

この季節は、小鳥の雛が孵る時期みたいで、10年以上前にもこの時期にスズメの雛を保護したことがありました。

羽に油が付いて飛べなくなった雛の油を落とし、2日後に保護した所に連れて行ったら、ちゃんと親鳥が待っていて感心したことがあります。

どんな生き物の世界でも、親の愛は偉大ですね。