ARTEMIS Blog

都合の悪い人

2013年5月23日

自分にとって都合の悪い人っていますよね。

相性が悪かったり、何だか気に障る感じがしたり、受け入れにくいタイプとか、、、、

 

波動学的にいうと、自分の中にその人のそうゆう部分と同じところがありますよ。

っていうことなんですけど、、共鳴現象ってやつですね。

 

そもそも、この人生に於いて目の前に現れて何かしら関わりをもつということは、必ず意味があると言えます。

ですから、どんな形であっても関わりがあったら、あの中からなにか学べればいいのですが、自分にとって都合の悪い形での出会いや関係だと中々素直には学べなかったりします。

 

先日テレビで、KAT-TUNの亀梨和也くんがJr.時代に「きみは、ほうきでサッと掃かれたら、いなくなるJr.」

と母親の前で言われ、くやしさと情けなさで涙が滲み出て、その気持ちをバネに努力して今日の自分を築いたという話をしていました。

ここで、”親の前でなんて酷いこと言う人だ”と言った人をバッシングするのは簡単なことですが、

見方を変えれば、その人のお陰で今日の亀梨くんが存在する訳です。

 

自分にとって都合の悪い人や、言葉は否定するのは簡単ですが、その時そのタイミングでその人に投げかけられることには、深い深い意味があるようです。

常に素直で謙虚でいられれば、どんな状況にも感謝できるのかもしれませんが、絶妙なタイミングで隙をついてこられると感情で判断してしまいがちです。

 

なんだこりゃ!! と思う人や存在に出会った時は、神様が遣わしたと思うといいかもしれないですね。

 

ってことは、僕にとっては小さい時から苦手な、

近所のあのおばさん、、、、、神の使徒かもしれません(^-^)

 

そして僕も、今日も誰かの「都合の悪い人」として活躍している訳ですね。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です