ARTEMIS Blog

寝がえり

2013年2月12日

寝ぞうが良い方が体にいいのか、悪い方がいいのか・・・

時々質問を頂きます。

僕の見解は「悪い方がいい」です。

といいますか、体のコンディションが良く、元気な方は寝ぞうが悪いものです。

 

小さな子供がゴロゴロと転がる様に寝返りをうったりしますが、正に元気のいい証拠です。

そもそも江戸時代のちょんまげや日本髪の、寝返りうっちゃダメ文化の影響もあると思われますが、「寝ぞうが良い方がいい」は、そろそろDNAの書き換えをしてゴロゴロと寝返りをうちたいものです。

理屈で云うと、例えば仰向けで寝たままだと、背中側に血液の滞りが起きて、朝起きた時背中がガチガチ・・・みたいなことになってしまう訳で

うつぶせでは、おなか側に滞りが起き、右下だと左側に。。

という具合になってしまう訳です。

この滞りが進んでしまった状態が、床ずれですね。

 

さて、「寝返りをした方がいい」と言われても、寝ている間のことだから、どうにもならない・・・

というご意見も多いのですが、コツはズバリ「寝返りをしよう!!」 と決心することです。

 

寝返りをしたら、落ちてしまう。 とか、潰してしまう。

みたいな時は、結構無意識でも寝返りをしないものです。

 

その逆もしかりで、「寝返りをした方がいい」と強く思うことで、違いが期待できます。

ということで、皆さん今日から「寝返りをした方がいい!」と強く思うことで、ゴロゴロ寝返り睡眠を堪能しましょう。

周りの人が、迷惑するくらいの寝ぞうの悪さが、理想ですよ~(^^)


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です