ARTEMIS Blog

2012年11月30日

年の瀬が近づき忘年会などで、お酒を飲む機会が増えてきました。

早くも1キロ程体重が増えています。

と云うのも、このところ控え目にしていた自宅での晩酌が、いつの間にか控え目になっていないことが大きく影響している様です。

 

家で飲むのは焼酎かワインが多いのですが、先日作った秋の酵素の搾りカスのフルーツがワインにぴったりで、、、

ワインに入れてちょっと待ってると、酵素入りサングリアになって、なんだかすすんでしまう訳です。。。

う~ん。。。あぶない!!

あまり体重は気にせず生活していますが、お正月は毎年体重が増えるので、今は増えないように少し控えようと思います。

2012年11月24日

寒い日が増えてきて、畑の様子も大分変ってきました。

写真は小松菜です。

ちょこちょこと虫食いの穴がありますが、このくらいなら気にする程ではありません。

一般的に出回っているものより大株に育っているのは、マルチ(地面を覆っている黒いビニールです)の影響だと思います。

無肥料は勿論ですが、なるべく無肥料、無耕起で畑をやっていきたい僕にとって、マルチを使うこともできれば避けたいところでしたが、いかんせん今の畑の土ではマルチをしないと手が掛かり過ぎてしまうので、潔く使っています。

1番の目的は保水です。

今の畑の土は新しい土が入っていて、まだまだ畑用には若い状態で保水力が無く、乾燥しやすいのが特徴です。

以前なら意地になって、マルチを張らずに頑張ったのでしょうけど、今は素直に4本ある畝のうち2本の畝にマルチを張っています。

マルチが要らない土になった暁には、虫食いの穴も無くなってくると思います。

よく虫が食っている野菜の方が、健康で良い野菜だと言われたりしますが、

確かに農薬漬けの虫も食わない野菜よりは全然良い野菜ですが、土がもっと良い状態になると無肥料、無耕起での栽培が可能になって、そうすると虫が食うことも殆んど無い、穴の無い野菜の栽培が出来るようになります。

実際、長野の畑ではほぼ無肥料での栽培をしていたので、虫が食うことは稀でした。

これから3~5年くらい掛かて、のんびりとマルチの要らない土にしていきたいと思っています♪

3~5年というと、何だか随分時間が掛かるように感じる方もいるかもしれませんが、

自然の時間の流れは本来ゆったりとしていて、こんなものです。

人間の勝手なペースで強引に変化をもとめるのは、自然対する冒涜になってしまいます。

こちらがサニーレタス。これから冬にかけてどんどん大きく育っていってくれると思います。

この冬はレタス三昧の予定です。

この他に大根、ニンニク、人参、水菜、タマネギ、白菜、春菊、チンゲン菜などを作っています。

これから寒さがキツクなり、霜に当たることで冬野菜がグッと美味しくなってきます♪

2012年11月13日

好き嫌いをしよう!

好き嫌いがありますか?

無い人はつくりましょう。 いえ、探しましょう。

 

自分の本当に好きなこと、やりたいことをしましょう。

とか言われると、自分の本当にやりたいことってなんだろう???

なんて、分からない人が結構多いですが、そういう人は好き嫌いがはっきりしていない人が多いようです。

 

自分は何をやっている時がたのしいのか、どこに行きたいのか、何を食べたくてしょうがないのか・・・

 

好きな~という基準ではなく、正しいのはどっち、どっちに行くべき、何を食べるべき・・・

いつの間にか、自分の為になりそうだから行ったり、栄養があったり体に良さそうだから食べたりしていませんか?

 

それも悪いことでは無いですが、誉められる方向、正しい方向、叱られない方向、立派な方向ばかり選択していると、自分の好きな本来進みたい方向が分からなくなってしまします。

本当に好きなのか? その牛乳は本当に好きで飲んでいるのか? 本当に美味しいのか? 実は体の為に飲んでいないか?

飲まない方がいいのではなく、本当に好きな飲み物が何なのか知ることが大事なのです。

 

本質的な部分で、自分が望んでいろ方向に進んで行ければ、幸せ路線と云えるでしょう。

 

さて、頭で考えて判断する癖がついている現代人が、本質的な部分での好き嫌いの判断基準を持つには、体に訊くのが1番いいです。

本当に好きなことだと

 ・時間が早く過ぎる

 ・その為なら早起きが辛くない、又は勝手に目が覚める

 ・食欲が湧いてくる

 ・考えるだけでウキウキする、機嫌がよくなる

 ・疲れない、又は疲れを感じない

こんなかんじで素直に反応してしまうものです。

頭で考えずに、やりたいこと、好きな物(人)、食べたい物を選べるようになるといいですね。

勿論、「嫌い」もしっかりと把握できるもの大事で”あの人キライ”と思えるのも大切なことですね。

憎むのは無しですけど。。。

2012年11月13日

Ipadminiが届きました。

まだ使いこなせる訳もなく、四苦八苦しています。

少しずつ慣れていこうと、思います。

こんな時、やはり子供の順応は早く、適当にいじくって楽しんでいます。

テーブルに置いてあると誰かがいじってて、なかなかの人気者です。

早くも家族の中心か? チョビ危うし‼

だけど妻は、こういうの苦手で、まだ触っていません(笑)   セーフ。。。

2012年11月9日

この3日、右の奥の歯茎が腫れて、ちょっとグッタリです。

昨日がピークで、今日は大分腫れが引いてきたので、明日には楽になる予定です。

こういう風に体調を崩したりした時はどうするのか?

「自分で治療するの?」 「何か手を打つの?」 

いろいろ聞かれるところですが、基本的にホメオパシーを摂って、妻に治療してもらう、必要に応じて自分で鍼をうつか灸をする。

あとは必要に応じて温湿布をするのと、よく寝る。

こんなところです。

今回は、ホメも摂らず、鍼・灸も無しで、妻の治療だけでした。

子供もこんな調子で、病院にも行かず元気に育ってくれています。

ありがたい限りです。

 

僕は、丈夫そうに見えて、実はへなちょこで。

お陰さまで、寝込んだりすることは、この何年もありませんが、

具合が悪くなるレベルはよくある事で、「意外と弱いね」と良く言われます。

 

最近では、「あっちが痛い」「こっちがツライ」と日々言っているのが健康の秘訣のようにも思えます。

皆さんもどうでしょう? 家族や周りの人にちょっとウザがられる、へなちょこアピール

結構いいですよ♪

2012年11月2日

春の酵素、夏の酵素に続き「秋の酵素」の仕込みをしました。

とにかく発酵ものが好きです♪

今回は秋のもので酵素をつくる訳ですが、2回に分けて1回目は子供も飲めるフルーツ中心の内容です。

栗、りんご、ブドウ、柿、梨、レモン、ゆず、キウイ、みかん

これらの材料を適当に刻んで、砂糖と一緒にドンドン桶に入れて行きます。

既に、美味しそうです。

これを1日1~2回手で混ぜるだけで、10日くらいで発酵完了!

後は、昆布から作られた「海の精」という酵素を入れて、発酵を止め、濾過してでき上がり!

おいしいフルーツジュース的なものができあがると思います。

この後、10日後くらいに第2弾、キノコや豆類、根野菜などが中心のシブめの秋の酵素に取り掛かろうと思います。

今年はけっこう発酵ものを作ることができて幸せです♪

2012年11月2日

幸せ者だと、自他共に認めております。

特に周りから「しあわせだよね!」とか言われると、嬉しくなります。

いつ位からでしょうか? 自分って幸せ者だな~と思えるようになったのは・・・

 

僕は、ここまでの人生48年生きてきて、七転び八起きを繰り返しているうちに、いつの間にか幸せだと思えるようになった訳ですが、

皆さんは、今幸せだと感じられているでしょうか?

幸せと感じられていない方も、馬鹿正直に七転び八起きしなくても、幸せを感じられるよう、平柳伸児が気づいた「幸せのレシピ」を、ちょいとばかし覗いてみては如何でしょう?

幸せのレシピ その1

”足る心”

読んで字のごとし、もう足りている。既に満たされている心です。

この心が常に中心に据えられていれば、間違い無く幸せでいられると思いますが、そう簡単に悟った心を持てません。

でも、出来るだけ幸せに対する目線を下げていると、ちょっとづつ足りてきます。

例えば、目の前のコップに水が半分入っていて、

幸せ貧乏な人は「水が半分しかない!!」と言いますが

幸せ目線の人は「わ~い! 水が半分もある!!」と言います。

同じ半分の水でも結果は反対になってしまいます。

本人の目線次第で、目の前の同じ現象も幸せにも不幸せにもなれる訳です。

そこで、幸せのインフレを起こさない様、常に幸せのデフレを心掛けましょう!

幸せと感じる域値を下げるのです。

はたから見ている人に、「そんなことでしあわせなの!?」と言われるようになれればOKです。

 

できるだけ、不幸せの影にある幸せにフォーカスをすることができるよにとなるといいですね。

強者レベルだと、転んで骨折しても、骨折で済んでよかった~♪ ってかんじですね(^^)