ARTEMIS Blog

夏山登山

2012年8月28日

27日快晴の中、先日お伝えしたとおり山に行ってきました。

それが出発前日に、息子のドタキャンで予定していた八ヶ岳では無く、急遽1人寂しく秩父の両神山に行って参りました。

この山は近県で探していて見つけたのですが、コースも手頃の様子だったし、何といっても「両神山」の名前の由来がイザナギ、イザナミの両神様が祀られているからだということで、以前この神様が祀られているという理由で淡路島まで行ってきた自分としては、即決定!でした。

自宅を早朝に出発して7時半に登山口に到着。早速1人寂しく登り始めました。

天気は予想通り雨男の息子がいないので快晴ですが、ここの登山道は殆んどが木陰で直射日光にあたることが無く快適でした。

しかーし、コースは予想を遥かに上回るキツサで、標高が1700メートル台ということで、ちょっと侮っていましたが累積標高差が1400メートル以上あり、クサリ場もかなり多く、下りでは足がしんどかったです。

予定外の寂しい1人登山ではありましたが、自分の内側のブレの修正に、とてもいい時間を過ごせました。

また、2000メートル以下の登山なので高山病の症状も出ることが無く、珍しく頂上で美味しく1人寂しい昼食を食べることができました。

そういえば、森林限界を超えない登山というのもあまり経験が無く、「十分楽しめるんだなぁ~」ということがよく解りました。

おニューのバックパックとシューズも快適で、いいデビューになりました。

下山後、麓の「薬師の湯」で1人寂しく温泉に浸かって帰って来ました。

体重が3キロも減っていたのは驚きましたが、また機会があったらどこか近場に、1人寂しく出掛けてみたいと思っています♪


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です