ARTEMIS Blog

自然の表裏

2012年6月30日

さて、皆さんは”自然”という言葉から、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

「青い海」「風にそよぐ稲穂」「動物が戯れる緑の草原」「人が入り込めない深い森」

その方次第で自然のイメージはいろいろあると思います。

 

では「地面からゴボゴボ溢れ出た石油に火が着いて燃えている」こんなイメージではどうでしょうか?

これは”自然”というものの対極でしょうか? ”非自然”若しくは”自然破壊”でしょうか?

 

人間の都合の目線で考えると自然的ではないかもしれませんが、地球にとっては石油も自分の一部分であり”自然”そのものだったりします。

清らかなイメージだけが”自然”ではないんですね。

 

人間にも明るく、朗らかで、笑顔が絶えない、などポジティブなイメージの部分と

怒り、悲しみ、わがまま、などネガティブなイメージの部分があると思いますが、どちらも大事な自分の一部分です。

人間本来の姿の上辺の美しさ、正しさに目を向けがちですが、自分の中にネガティブな感情や負の一面があることを否定せずに、大切な一面として受け入れて、向き合うことで「こんな一面もあるんだ」「こんな感情を抱えているんだ」と知ることが、しいては病気にならない健やかなコンディションを作っていくことに繋がると思う次第です。

皆さんは如何ですか? ちょっと奥のナチュラルな自分、向き合えてますか?

僕は向き合えているかは疑問ですけど、ありますよ~

・・・どろどろの部分・・・時々表に溢れ出ますけどネ(笑)


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です