ARTEMIS Blog

行って参りました♪

2012年4月30日

無事に屋久島から帰ってまいりました。

雨が多いと云われる屋久島ですが、到着日の朝に雨が上がり、3日間晴天に恵まれ

結論から言うと、僕にとって”ド真ん中ストライク”にいい所でした\(^-^)/

ある程度は予想していましたが、山の中に入るとそのスケールの大きさと云うか、寛容さに感心を通り越して「敬服」いたしました。

朝早い便で鹿児島から乗り継ぎ、AM9時すぎには屋久島に到着していました。

レンタカーで、まず向かったのが「益救神社」。明るくて南国情緒のある神社でしたよ。

地元の神様に御挨拶を済ませ、最初の目的地「白谷雲水峡」へ、海沿いから車で20分くらいで山に上がっていくと到着です。

ここは、「もののけの森」とも言われ、もののけ姫の森の構想のモデルにしたということで、宮崎駿監督が何度も足を運んだとのことです。

森の中は、苔生す中に樹齢何百年の木が何本も育ち、その中に千年以上のものもちょくちょく混じっています。


往復4時間位の登山コースですが、その間どれだけの巨木を目にしたことか・・

何100年前の倒木か切り倒したものか判らない直径1メートル以上ある木や、巨木の切り株を苔が覆い、そこを床にして何本もの立派な木が空に向かって高々と育っていきます。

植物を育む森のエネルギーとそのサイクルに脱帽です。

森の中を歩いているうちに、いろいろ気づきました。

森の中は、圧倒的な「静」の世界です。それでいてパワフルで、

又、あるがままに全てを受け入れる度量があります。

森に入った直後は、”なぜ江戸時代にこんなに森を荒らすように杉を切ってしまったのか”などと思ったりもしましたが、

森はそんな過去のことも、今の僕の気持も全て受け入れていて、何の力みも無く、何の焦りも無く、ただただあるがままに何万年もの間全てを受け入れ続けてきた訳で

僕の中の、焦りや力み、がんばりがとてもチッポケに観じてきて、いろいろな力が抜けていきました。

森に入る前は、屋久島に対して僕に出来ることを、何かしようと思っていました。

それは、どこか”やってあげる”という気持ちがあったと思います。

でも森は、森の浄化だろうが、枝を折るのだろうが、ゴミを捨てるのだろうが”やりたっかたらどうぞ”なんです。

こちらのMay Iに対して「いいよ」しか言いません。

だから、僕がやってあげることなど何も無くて、あるのはやらせて戴くことだけなんです。

全てにWELLCOMEな森に、心の力みを気づかされ、すっかり力が抜け翌日予定していた縄文杉への登山は中止にしました。

お陰で翌日1日かけて島を一周できました。

戦後の時代、日本に限らず世界的に、アメリカに代表される、明るく動的な強さやエネルギーに魅了され引っ張られる時代だったように思いますが、

これからは屋久島的な、当たり前に絶対的な「静」の自然体が時代を引っ張るのではないかと観じました。

とにかく、行ってきてよかったです♪  ありがとう屋久島!!

やっぱり勧められたり、気が向いたら迷わず踏み出すものですね(^-^)


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です