ARTEMIS Blog

2012年3月30日

やっぱり暖かくなってくると、外に出ていやすくなって、土いじりが楽しいです。

冬はガタガタですからね。

ここが今年から始める畑です。

今までの長野の畑に比べれば、それは全然狭いですけど、今の自分にはJAST SIZEです。

まだ何も植わっていませんが、これから4月中にいろいろと種を蒔いたり、植えつけたり賑やかになってきます。

イメージしただけで、テンション上がっちゃいますね♪

こちらがアルテミスの入口前の花壇です。

今年は少し花ものを増やそうということで、冬の間から取り組んでまいりましたが、色とりどりの花が咲いて結構”おてもやん”なかんじが意外と気にいっています。

どちらの土いじりも僕にとって、つかの間の憩いの時間であり、「癒し」になっているようです。

これから特に畑は忙しくなってきますが、あまり力まずに愉しみたいと思っています。

2012年3月28日

日ごと春の気配を感じることが多くなっていますね。

四季折々どの季節も好きですけど、やっぱり春はいいですね!

理由もなくウキウキします。

我が家の春の訪れは桜の開花です。

毎年サクランボを実らせてくれる桜ですが、一般の桜より開花が早く、毎年早めに春を感じることができます。

しかーし! 今年は開花が遅く、やっと咲きそろいました。

桜が咲くとやって来るのが、我が家の春告げ鳥、大好きなメジロです。

蜜を吸いに来るのですが、早速写真に収めようとしたところ、ちょっと乱暴な鳥に退かされてしまいました。

 

はい、ヒヨドリです。

この鳥が来ちゃうと、メジロは追い出されちゃいます。

「キーキー」鳴く姿に、チョビが興奮してました。

ヒヨドリにも楽しみな桜ですが、やっぱりメジロに堪能してほしいと、娘と窓から覗いていました。

2012年3月25日

無事に九州への家族旅行、行って参りました。

初日の熊本は、雨男の息子の活躍で雨と霧でしたが、2つの目的地の神社に到着した時はしっかりと雨が上がってくれて助かりました。

熊本空港から最初に向かったのは、お昼ごはん。

まだ11時だけど早起きなので、どこかに寄ろうということになり、僕以外全員の希望で、昼から焼肉を食べることに・・・

午前中の焼肉はけっこう効きました。

そして、最初の目的地「草部吉見(くさかべよしみ)神社」へ向かいました。

ここは、珍しい「下り宮」といって入口の鳥居をくぐってから階段を降りて行くと社殿があります。

そして、この神社にはこれがあるのです!! ”御神木”

この木に会いにこの神社に来たと言ってもいいくらいです。

家族でしっかり幹に触れてきました。

次に向かったのが、2年前にも行った幣立神宮。

ここの目的は社殿の裏を降りて行ったところにある、この水です。

ここの水は、意味ありで、汲んで持って帰ってきました。

この後、阿蘇のホテルに向かいましたが、残念ながら阿蘇の雄大な景色は霧で全く見えませんでした。

又のお楽しみです。

翌日朝食を済ませ、早々に鹿児島に向かいました。

鹿児島では、中靏家のセッティングで郷土料理を堪能しつつ、源泉100%の温泉を満喫できる料亭・ホテルでまったりしたり。

黒豚しゃぶしゃぶを、たらふく食べたり2泊3日をたっぷり満喫しました。

お陰で、東京に帰った翌日からハッキリとズボンのきつさを実感しております。

だけど、体重以外にもしっかりと収穫がありましたよ♪ 自分の中で確信があります。

いい旅でした(^-^)

2012年3月17日

明日から家族で九州旅行に行って参ります。

2泊3日で熊本、鹿児島と廻ります。

熊本では神社と阿蘇を回り、

鹿児島では家族つき気合いの中靏家と過ごします。

頭の中では、おいしい食べ物がグルグルと回りっ放しですが、

食べ過ぎ、はしゃぎ過ぎに注意して行って参ります。

2012年3月17日

今日は、雨の中息子の中学の卒業式に行ってきました。

息子は思いっきり坊さんタイプですが、何故かミッション系の学校に通っています。

信心の基におこなわれる卒業式は、いままでの経験に無い趣のあるとてもいいものでした。

写真は卒業生を先生や職員の方達が、賛美歌を歌って送り出すところです。

キリストの教えは、文化の違いで理解しずらいところがあると思い込んでいましたが、今日話を聞いていて、そんなことは無く自分の見識がただ狭かったことが解りました。

教会に週末通うには勇気がいりますが、たまにはキリストの話もいいなと感じました。

息子は、このまま高等部に上がり、また3年間を聖書を携え過ごします。

この先の更なる心の成長が楽しみです♪

2012年3月8日

発酵には以前から何とも云えず興味があります。

あの状態が変わっていっちゃったり、熱が出たり、匂いが変わったり、なんだかすごく好きです♪

今、我が家で2つ発酵中です。

1つはこれ。味噌です!

妻のママさん仲間が仕切って下さり、この5年程手ずくり味噌を家で作ってます。

涼しいところで秋まで寝かせておくだけで、出来上がりなんですが、おいしいんです!!! これが!

まさに手前味噌ってやつですが、秋が楽しみです♪

もう1つがこれ!

なんだかわかりませんよね。

これは、畑で使うボカシ肥料です。

有機質肥料(米ぬか、油粕、魚粉等)を発酵させて作る肥料のことをいいます。

この中は温かくてホカホカなんですよ。

あと数日で出来上がりで、とてもいい肥料になってくれます。

春になると、口に入るものでいろいろ発酵物を作る予定があります。

あれこれ愉しみだな~♪

2012年3月8日

物事の局面で、自分で判断し決めたことを実行して、結果はどうあれ、何かを体験するということは非常に重要ですが、判断力が無かったり自信が持てない人は、自分で判断を下すというのは、なかなか大変だったりします。

僕の場合”自分で判断する”ということを放棄してしまっています。

判断力も無いし、自信も無いからです。

だから、基本流れに任せて、バリバリ受け身です(^‐^)

他力本願ってやつですね。

 

そっち側で生きていこうと決めて(決心して)ますけど、これはこれで度胸が要りますけど

楽といえば楽です。

 

他力本願というとネガティブなイメージもありますが、自分で判断しないかわりに、お誘いや、お薦めを極力断らなかったり

起きたことはそのまま受け入れないといけないので「え~!!!!!!!!!」という様なことが起きても

「あ~…ま~…そうですか・・・・・・・」となんとか受け入れる様にします。

ですから、あるのは最初の発振だけです。

「あんな風になるにはどうしたらいいだろう!」とか

「なんとかああなりたいな!」とかです。

後は受け入れるだけなんですけど、ドМな自分にはかなり向いてます(笑)

2012年3月6日

今、1番のオススメはこれ! 荒川弘(あらかわ ひろむ)の「銀の匙SilverSpoon」です。

中学時代、学力競争に敗れた主人公が、親と離れて暮らしたいという理由で選んだ農業高校の寮生活

北海道の自然の中で、動物、植物、あらゆる物を通しての経験で、人間らしさを取り戻していく。まだ2巻しか出ていないけど、今後が楽しみな作品です。

この作者は、あの「鋼の錬金術師」の作者で、実力は折り紙付きですが、ガラッっと作風を変えて、また違った魅力があります!

さすがです!! 因みに、この作者意外と知られていないけど、女性なんですよ!

興味があったら読んでみて下さい♪