ARTEMIS Blog

小さい自分

2011年4月21日

今回の震災を通じて痛感したのは、自分が如何に自分の身の回りのことばかりを大事に生きているかということでした。

ここ一番やっぱり自分の家族のことばかり優先したり、困っている人のことを親身に考えることができていませんでした。

 

私財を投げ打って救済に励んでいる方がいるというのに、自分の小ささを自覚しました。

義援金を渋らずポンと出せるような人間にはまだまだなれません。

その点、孫さんはすばらしい方です。

みんながあの方のような大きな心があったら復興も早く進むことでしょう。

まあ個人資産も半端じゃありませんけど・・・

 

僕も、あの世に何も持っていかない覚悟で(もちろん持っていかれないんですけど)生きていければ義援金の額がもう少し増えるかもしれませんね。

もう少し人のことを考えられる人間になりたいと思います。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です