ARTEMIS Blog

さようなら、お山のおうち

2011年4月7日

今週も長野に出向き、お山のおうちと畑のかたずけを終えてまいりました。

振り返れば丸13年もの間お世話になり、我々家族をどれだけ楽しませ癒してくれたことか計り知れません。

できることなら、いえ、まだ借り続けることもできたのですが、もう時期が来て次の渡りに船に乗り換えるために潔くお別れをしました。

自然の中で、いつも僕自身の小ささを教わり、その小ささを常に大自然が受け止めてくれ、どんなに癒されてきたことでしょう?

寂しさ100%、そしてこれからの時間に対する期待も100%です。

とにかく今は「ありがとう」の言葉しかありません。

「さようなら」そして本当に「ありがとう」かけがえのない素敵な時間を過ごすことができました。

家族それぞれにとっても一生の思い出、そして財産になったことと思います。

さあ、春です。 しっかりと寂しさを味わい、これからを愉しむことでヒョイと乗り越えていきたいと思います。

もう中々寄ることもできなくなるので、大王わさび農園に立ち寄りました。

お約束の「わさびソフトクリーム」と「わさび飴」を購入しました。

その後13年通い、初めて「ちひろ美術館」に行きました。

いつも通っていた道から数分入っただけのところにあるのに、そのうちにと思っているうちに13年経ってしまいました。

生で見るちひろの絵は深い処にヒットして、少しは分かる歳になったんだなぁ~と実感しました。

非日常を求め毎月週末に長野まで通いましたが、これから暫くはしっかりと日常と向き合い

堪能して過ごしたいと思います。

さて、どんな時間をすごすのでしょうか? 楽しみです♪


コメント

吉田寿美子inハワイ2011年4月21日

長野のお話はむつみ先生からさくっと伺っていました。 13年間ご家族で素敵な時間を過ごされたんですね。 御子様達へどんな素晴らしい思い出の財産を残されたんだろうと思うと、うらやましい限りで、胸キュンしてしまいました。 たくさんの家族が、黄金の思い出を作ってほしいと願います。 ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です