ARTEMIS Blog

2010年12月31日

さて、スタート直前はアメリカ国歌を斉唱しいよいよテンションが上がってきます。

このスタート前に、いつも子供に言うことがあります。

それは、「別にゴールできなくてもいいからね」 という気の抜ける言葉です。

この言葉は特に準備している訳ではないのですが、スタート前になると自然に出てくる言葉です。

それは、春からコツコツ準備をしてきて初めはそれ程走れる訳でもなかったのに、いつの間にか長い距離を走れるようになって

積み重ねるということの大切な意味を体験を通して知って、このレースでゴール出来ないことが不合格ではなく、そういう意味では既に合格者なので

もう充分目的は達成していて、今日はおまけみたいなものだから楽しもうね。 といった感じです。

数分後夜空に花火があがりスタートの合図です。

と云っても僕等のあたりが動き出すまでは時間があるのでのんびりと花火を見上げ撮影もできます。

スタートして2時間程すると日が昇ってきます。

のんびりペースの我々はこの頃やっと12~13㌔地点ダイヤモンドヘッド辺りです。

見晴らしのいい処で日の出が綺麗です。

右に海を見ながら景色の美しさに感心していると前方のランナーの方から歓声が上がります。

この辺りで早くもトップランナーが戻ってきます。

とにかく大騒ぎで声援を送ります。

跳ねるようにおそろしいスピードで走っていきます。

この後,日が昇りハワイらしい気持ちいい日射しが照りつけてきます。

給水所のおびただしい数の紙コップとスポンジ

2万人を超えるランナーが黙々とゴールを目指します。

この後HALFを過ぎたあたりで、なんとビックリ有名人と遭遇です。

2010年12月22日

日が経つごとに日焼けが落ち着いてきていますが、まだ若干ホノルルの興奮状態が続いております。

ちょっとハワイの日々を振り返ってまいります。

今回のホノルルマラソンは今迄で1番暑く感じ、レース当日は晴天でしたが2日前はほぼ1日中雨で、前日早朝のジョギングの時点ではまだ地面が濡れている状態でした。

夜が明けるきる前の海をバックに気のいい外人の老夫婦に撮ってもらいました。

本番はAM5:00にスタートなのでAM2:00には起きるので、早起きに慣らしておきます。

前日にゼッケンを付け、シューズに計測用のチップを付けて準備万端。

(このゼッケン番号を http://www.asiorders.com/honolulu/ で検索するとゴール付近での半べそ写真などが公開中です)

早めにベットに入りますが、いつもグッスリとは眠れません。

娘はなかなか肝が据わっていてグッスリです。

人間っておもしろいもので、僕は目覚ましの鳴る1分前の1:59に目が覚めました。

さあ、準備をしてスタート地点に出発いよいよテンションが上がってまいります。

スタート地点の近くから日本にTELをして励ましてもらいました。

スタート地点から背伸びをして見ると、どこまでも人のうねりが続いております。

こんな中に小学校4年生が混じる訳ですから、やっぱりけっこうスゴイです。

2010年12月21日

なかなか時間が無くて報告が遅くなりましたが、無事ホノルルマラソンから帰って参りました。

お陰様で娘と一緒に無事完走することができました。

 

この人生を幸せに生きていける栄養を、たっぷり戴いてまいりました。

 

まだハワイ熱が冷めておらず、周りの人間はハワイ話ばかり聞かされる日々が続いています。

写真もあれこれと撮ってきましたので、時間をみつけてポッツリポッツリとアップしていきたいと思っています。

2010年12月8日

2003年に初めてホノルルマラソンにチャレンジしました。

春から練習を始めましたが、始めは片道1㎞走るのがやっとで、帰りはフラフラと歩いて帰ってきたことを覚えています。

いつの間にか走るのが好きになり気づけば今回で8回目のフルマラソンになります。

特にホノルルマラソンは特別で4度目のエントリーになります。

 

最初に1人でチャレンジして、あまりにも良かったので家族が皆経験できるといいなと思いました。

あれから7年、とうとうこの週末最後の1人の末娘のチャレンジです。

 

今迄どれだけのことをマラソンを通して学んだか図り知れません。

とりあえず、この最終章を終えて、その後何をするのか、まだ走り続けるのか何も解かりません。

走り終わってから考えます。

なんとなく想うのは、「歩くのかな?」 っていうことくらいです。

でも、妻は来年再チャレンジで息子と走ろう! と言っているし、刺激される予感もあります。

まあ、これをやりきらないと次は見えません。

 

長女と走って帰ってきた時、置いてきぼりにされたと怒って「来年私が行くー!!」と叫んでいた末娘に大きくなったら君の番だからと言った時「でもパパその頃にはオジイチャンになってるんじゃない?」と心配そうに娘が呟いたのを覚えています。

オジイチャンになる前に行けて本当によかったです(^。^)

 

お陰様で明日気持ち良く出発できそうです。

結果に拘らず、最高の時間を過ごしてきたいと思います。

ここまでこれたことに、とにかく家族に感謝!

2010年12月6日

病気平癒のお守りが欲しくて、急遽茨城県の「酒列磯前神社」(さかつらいそさきじんじゃ)に行ってきました。

ここは少彦名命(すくなひこなのみこと)が祀られていて、この神様は医療、医薬の神様として崇められいて仕事がら以前から気になっていたので一気に行ってきました。

朝早く着いたので、まだ人もまばらでした。

この神社の素敵なところは、参道の横の小道から海に出られるんです。

朝日を浴びてキラキラ光る海がきれいでした。

お札とお守りをGETして早々に姉妹関係にあるという「大洗磯前神社」に向かいました。

ここも海の前にあって、明るく気持ちのいい神社でした。

鳥居越しに水平線が見下ろせるという素晴らしいロケーションであります。

とは言え、今回はam11:00には帰宅したいという弾丸ツアーだったのでそそくさとお参りを済ませ、景色に見惚れる間も無く帰路につきました。

今回は前日に思い付き、スケジュールの都合もあり、1人でということで弾丸になってしまいました。

ともあれ今年は本当によく神社に行く年で、自分がこんなに神社に行くようになるとは思ってもみませんでした。

これも周りの方々のご指導のお陰ですが、人って変わるものです(^。^)

欲張って「鹿島神宮」も寄ってこようか、と思ってましたが、さすがに時間が足りないので帰ってきました。

以前なら無理して寄ってきてしまう感じでしたが、少しは成長している様です。

2010年12月1日

HI360495

行ってまいりました! BON・JOVIのライブであります。いつもお世話になっている西山先生にチケットをとっていただき一緒に盛り上がってまいりました。(いつもすんごいいい席なんです!!)

本来ライブでの撮影はご法度でありますが、この方たち(というか皆ボンジョビ狙いですけど)の場合女性ファンが多くて、もう周りが写メりまくっているので僕もちょっくら失敬してみました。

新しい曲から、懐かしの名曲まであれこれ織り交ぜ約2時間半、完成度の高い文句無しのライブでした。

若い時に比べると多少太りはしたものの、相変わらずのハイトーンの歌声は健在でした。

すっかり興奮して歌ったり、叫んだりで今日はのどがしゃがれてます。

とにかく楽しんできました!

来年のホール&オーツのチケットをうっかりとりそびれたのですが、すかさず西山先生がイーグルスのライブに誘って下さったので

次の楽しみは来年3月のイーグルスであります。

もう懐メロと云った感じでしょうか? 胸に染みそうです。

2010年12月1日

近年ジョガーの聖地が皇居と云われることが多いようですが、僕にとっての聖地は何と云っても、ここ多摩川です。

よく晴れた休日、娘と最終調整に多摩川を走ってきました。

決して2人とも体調は良くありませんでしたが、ゆっくりと22~3キロ程走ってきました。

普段は夜走ることが多いので昼間走るだけで気持ちいいのですが、多摩川は緑が多くて晴れた日は大好きな富士山が見えたりして最高なんです♪

本当にこの頃はランニング人口が増えて、本来ここはサイクリングコースなんでサイクリストにとっては走りずらいのではないかと思います。

まあ、ブームがそんなに長く続かないと思いますので、大目に見てやって下さい。

とりあえず、この時期に予定していた距離をクリアできてひと安心です。

出発まで明日で1週間、もう数回しか走れませんが距離を減らし疲れをとっていこうと思います。