ARTEMIS Blog

からだの不思議

2010年11月12日

人間の身体には科学では解明できない能力がありますが、僕が経験したことで思い出深いのは「身体のもつアンテナ機能」です。

もう3・4年前になりますが、物置で靴の片づけをしていた時のことです。

棚の奥にある妻のランニングシューズを箱に詰めようと思って、手を伸ばして靴を掴んだ瞬間、急に胸いっぱいにキューンとした感覚が拡がりました。

それは苦しいとかではなく、「切ない」とか「懐かしい」といった感じのニュアンスでした。

「なんで、ニョウボの靴を触ってこんな気分になってんだ?」 と不思議に思って、その靴をよく見てすぐにすべての理由が解りました。

そのランニングシューズは妻のものではなく、長女がホノルルマラソンで履いたものだったのです。

靴に触れた瞬間に感じた感覚は、正に長女と2人で走った時の感動が蘇った感覚だったのです。

頭では何も考えていないのに身体が勝手に反応していたのです。

Oリングテストなど身体が無意識に働く力を利用した検査法がありますが、感情まで再現することに感心しました。

2人で中身の濃い数日間を過ごしたエネルギーが靴に沁み込んでいたんですね。

ちょっとしたサイコメトラー気分でした。

さて、ちょうど1ヶ月後、長女、長男に続き末娘とホノルルマラソンにトライです。

また、いっぱいの感動をあっちこっちに沁み込ませて帰ってきたいと思います。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です