ARTEMIS Blog

涸沢登山2

2010年8月19日

翌朝天気が良かったら北穂高に息子と登ろうか?という気持ちがあったのですが

息子、やってくれました!

天気予報を見事に覆す雨であります。これで真雨男確定であります。

あの日、天気予報を信じて涸沢へ行かれた皆さん、すいません うちの息子、又降らせました。

この天気ならしょうがない、とのんびり下りることに決め、合羽に身をくるみ下山を始めました。

結局妻の脚の痛みがきつく、登りよりも時間を掛けて上高地まで下りてきました。

脚の痛む妻と一緒に歩く遥か前方を歩く子供たちを頼もしく眺めながら何時間も歩き

上高地に着いた時に、子供たちは体のコンディションはいい状態で下りてきたのかと思っていたら

靴下はグショグショで足にマメができていて、よく文句も云わず淡々と歩いたものだと感心しました。

いつの間にか逞しく育っているようです。

今回全員が再確認したのが、お山のおうちっていいね!ということでした。

山小屋ではトイレも水洗という訳にもいかず、フカフカの布団で寝られるというのは幸せなことです。

そのお山で今年はトマトと枝豆が特に豊作♪ 下山後、毎日食べてました。

全員がもう登山はいいね。 と言っていたのに、東京に帰る車の中で妻が「やっぱり又登山がしたい」と言い出しました。

子供たちは、すかさず「2人で行って!」と言い返してました。

やはり出産経験者は強いです。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です